今年のかぶき者を決める、ベスト傾奇二スト2015受賞者発表!

ベスト傾奇二スト2015

今年の「花の慶次感謝イベントである『花慶の日2015』が開催された8月8日に、

今年のかぶき者を決める、ベスト傾奇二スト2015の受賞者が発表されました!

 

ベスト傾奇二ストとは?

「常識を超えた発言や行動」で話題になったり、「大きなチャレンジや決断」で名を轟かせた、

今年最も「傾いた」人に贈られる賞です。

 

今年のベスト傾奇二ストは?

ベスト傾奇二スト2015受賞者

様々なイベントで奇抜な衣装やコスプレのファッションで出演し、

twitterを開設してから1ヶ月も経たずに、1万4千人以上のフォロワーを獲得した、

最近テレビで良く見かけるようになった、今人気の柔道家「篠原信一」さん

 

モーニング娘。の元メンバーで、

先日7/2のニューギンの『CR義風堂々兼続慶次~』のプレス発表会に、

ゲスト参加したタレントの「矢口真里」さんに決定しました!

『CR義風堂々~兼続と慶次~』の詳細については、こちらの公式サイトをご覧ください

 

当日は『花慶の日2015』に参加していて、ベルサール汐留から中継で見ていましたが、

授賞式ではそれぞれ、「派手なジャケット」と「ゴスロリ」の衣装で登場し、

傾奇ぶりを見せてくれました!

 

今後、2人がどんなかぶき方をしてくれるのか楽しみですね。

前田慶次や利家にちなんだ「かぶき者ファッションコンテスト」

みなさんは、「かぶき者ファッションコンテスト」というのは御存知でしょうか?

かぶき者」と呼ばれた前田慶次前田利家にちなみ、

日本の文化と世界の文化が融合した、

型にはまらない現代のかぶき者ファッションを募集するコンテストです。

かぶき者ファッションコンテスト

募集内容

・未発表のオリジナル作品に限定

・条件は衣装と共に、顔の装飾(メイクまたは仮面)も

コーディネートされたデザイン

・主旨に沿った中でのフリースタイル

スタイル(フォーマル・カジュアル・和洋など)、男女・シーズン・大人子供などの区分はなし

 

・第1回「かぶき者ファッションコンテスト」の結果

金沢で開催された第1回「かぶき者ファッションコンテスト」では、

県内外問わず募集した結果、応募総数は219点におよびました。

応募作品数 : 219点
金沢市内 (125点)、金沢市外の石川県内 (7点)
石川県外 (87点 : 東京都34点、大阪府15点他1道13県から応募)
受賞作品総数 : 30人

 

・今年は名古屋で開催!

今年は久しぶりに募集しており、

平成27年度中川区民まつり「かぶき者ファッションコンテスト」作品を募集しています。

最優秀賞には、金沢の料亭旅館「浅田屋」ペア宿泊券、賞状だそうです。

申し込み期限は平成27年8月10日とのこと。

興味がある方は、申し込んでみてはいかがでしょうか?

詳細については、こちらの公式サイトをご覧ください。 

 

・かぶき者・前田慶次の漫画「花の慶次」

今回紹介した「かぶき者ファッションコンテスト」は、前田慶次にちなんだイベントですが、

前田慶次といえば、漫画もありまして、「花の慶次」という作品です。

戦国の時代を傾奇者(かぶき者)として生きた

漢・前田慶次の自由奔放な生きざまを描いた作品です。もちろん、利家も登場します。

凄く面白いので、おすすめですよ。

「花の慶次」の詳細については、こちらの公式サイトを見てください!

かぶき者・直江兼続の漫画「義風堂々」

みなさんは『義風堂々!!』という作品を御存知でしょうか?

直江兼続の漫画『義風堂々』

花の慶次』の作画を担当した原哲夫氏が描き切れていなかったと語る

前田慶次の莫逆の友である「直江兼続」の物語となります。

漫画花の慶次』の遺伝子を継いでいます。

 

隠居した慶次が、若き日の兼続(樋口与六)のことを回想する形で、

物語が語られます。

 

・『義風堂々 直江兼続 -前田慶次月語り-』

『義風堂々 直江兼続 -前田慶次月語り-』は、

原作:原哲夫氏・堀江信彦氏、作画:武村勇治氏で、

『週刊コミックバンチ』にて、2008年50号から2010年38号まで連載されました。

 

・漫画『義風堂々!!直江兼続 -前田慶次酒語り-』

次に、同誌の後継誌『月刊コミックゼノン』で、

続編となる『義風堂々!!直江兼続 -前田慶次酒語り-』が

2010年12月号より2014年3月号まで連載されました。

 

・アニメ『義風堂々!! 兼続と慶次』
そして、『義風堂々!! 直江兼続 -前田慶次酒語り-』を基本として、

原作者監修の独自のエピソードを加えた、

アニメ『義風堂々!! 兼続と慶次』が2013年7月から12月まで放送されました。

 

 

・漫画『義風堂々!! 直江兼続 -前田慶次花語り-』
また、『月刊コミックゼノン』の2014年5月号より、

作画担当が出口氏に替わり、『義風堂々!! 直江兼続 -前田慶次花語り-』が連載されていますよ。

 

かぶき者・直江兼続の漫画『義風堂々』の詳細については、こちらの公式サイトをご覧ください!

かぶき者 前田慶次に子供や子孫はいたのか?

先週、NHKの時代劇ドラマかぶき者 慶次』が最終回を迎えましたね。

このドラマでは慶次の息子として「前田新九郎」が登場しますが、

実際、前田慶次子供子孫はいたのでしょうか?

 

慶次には息子と娘がいた

慶次は、前田利家の長兄である利久の養子になると、

やがて利久と利家の間の兄弟である安勝の娘を妻にしました。

2人の間には、前田正虎と5人の娘(または3人とも)が生まれました。

 

 

慶次の息子「正虎」について

1590年頃、慶次は前田利家を騙して水風呂に入れた上に、

乗馬を盗んで、前田家を出奔しましたが、この時妻子は連れて行きませんでした。
その時はまだ安勝が生存していた事もあり、妻子が罰せられる事は無かったと考えられます。

やがて正虎は前田家に仕えました。

 

関ヶ原の合戦の頃、慶次は会津の上杉家に随身していたため、

正虎は慶次郎に加賀に帰って前田家のために働いてもらえるよう働きかけましたが、

慶次はこれを断ったので、正虎は慶次郎を絶縁したそうです。

 

正虎は加賀の前田家で、2千石を与えられていましたが、

これは慶次に与えられていた5千石を減らされた物ではなく、

利久に与えられていた2千石を継いだものです。

 

結局、正虎は後継者がないまま亡くなりました。
一般的には慶次の嫡男とされていますが、

大坂の陣までの歴史を記した「前田家之記」では、

正虎は利家の末弟秀継の系統としています。

 

正虎には後継者はいませんでしたが、

慶次の5人の娘たちは、富山藩士の戸田方邦、北条主殿(氏邦の子)、山本弥左衛門、平野弥次右衛門、長谷川三右衛門に嫁ぎましたので、

この中のいずれかの家系は現在も残っていて、

子孫がいるかもしれませんね。

 
前田慶次なら『花の慶次』もあるよ

前田慶次を描いた作品と言えば、

ドラマ「かぶき者 慶次」だけでなく、漫画花の慶次」もありますよ。

漫画「花の慶次」

さらに、直江兼続が主人公のスピンアウト作品「義風堂々」があったりして、

面白いのでおすすめですよ。

「花の慶次」の詳細については、こちらの公式サイトを見てください!

かぶき者の前田慶次の友「直江兼続」描いた漫画

木曜日の夜8時からNHKドラマ「かぶき者 慶次」が放映されていますが、見られていますか?

米沢に隠居した、晩年のかぶき者の慶次を描いたドラマです。

キャストは慶次役:藤竜也さん、慶次の息子役:中村蒼さん、慶次の娘役:西内まりやさんです。
かぶき者というのは、戦国時代末期から江戸時代初期にかけての社会風潮なんです。

異風を好み、派手な身なりをして、常識を逸脱した行動に走る者たちのことを言います。

 

慶次と言えば、皆さんは「花の慶次」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

実は、『花の慶次』にはスピンアウト作品の『義風堂々!!』があります。

 

慶次と兼続

 

 

作画を担当した原哲夫先生が描き切れていなかったと語る

慶次の莫逆の友である直江兼続の物語です。

 

「花の慶次」の魂を継ぐ戦国大河、

あの前田慶次が惚れた漢「直江兼続」の知られざる半生!!

というのがキャッチフレーズです。

直江兼続も慶次と同じく、相当のかぶき者です。

 

『義風堂々!!』は、当時の担当編集者の堀江氏にアイディアをもらいつつも、

共同原作の形態を取って誕生しました。

隠棲した慶次が語り手として若き日の兼続(樋口与六)のことを回想する、

という形式を取っています。

 

義風堂々には、漫画やアニメがあります。

・漫画『義風堂々 直江兼続 -前田慶次月語り-』

・続編にあたる漫画『義風堂々!!直江兼続 -前田慶次酒語り-』

・アニメ:『義風堂々!! 兼続と慶次』

・作画担当を出口真人氏に替えて、酒語りの続編となる『義風堂々!!直江兼続 -前田慶次花語り-』

 

慶次に勝るとも劣らないかぶき者の「直江兼続」の生きざまが魅力です。

詳細についてはここを見てください。

かぶき者を描いた漫画「花の慶次」

かぶき者と言えば、「前田慶次」を描いた漫画『花の慶次 -雲のかなたに-』が有名ではないでしょうか?

花の慶次2

『花の慶次』は、原哲夫さんによる日本の漫画です。戦国の時代を傾奇者(かぶき者)として生きた漢・前田慶次の自由奔放な生きざまを描いた作品です。

 

隆慶一郎作の歴史小説「一夢庵風流記」を原作としています。

隆慶一郎門下の麻生未央氏が、小田原編までの脚本を担当しています。

原作に登場した様々な心理描写や独特の台詞回しを踏襲しながら、隆慶一郎氏の他作品のエッセンスも加えつつ、少年誌向けの様々なアレンジを行って、表現上の制約への対応を施しています。

 

主人公である前田慶次は、本名は前田慶次郎利益ですが、作品では「慶次」と呼ばれています。

天下一のかぶき者で、身の丈は約197cm以上ある大柄な武士、体重は90kgとされています。

滝川一益の従弟・益氏の次男で、前田利家の兄・利久の養子となったが、利家とは不仲です。

自らが信じる道理で生きた、自由奔放な漢です。

 

実は、『花の慶次 -雲のかなたに-』にはスピンアウト作品があって、『義風堂々!!』という作品です。

作画を担当した原哲夫先生が描き切れていなかったと語る慶次の友である「直江兼続」の物語です。

 

『義風堂々 直江兼続 -前田慶次月語り-』は、原作:原哲夫・堀江信彦、作画:武村勇治、『週刊コミックバンチ』(新潮社)にて、2008年50号から2010年38号まで連載されました。

 

その後、同誌の後継誌の1つである『月刊コミックゼノン』(徳間書店)において、続編となる『義風堂々!!直江兼続 -前田慶次酒語り-』が創刊号(2010年12月号)より2014年3月号まで連載され、2013年7月から12月にかけてテレビアニメが放送されました。

 

また、『月刊コミックゼノン』の2014年5月号より作画担当を出口真人氏に替えて、『義風堂々!!直江兼続 -前田慶次花語り-』が連載されています。

 

「義風堂々」も面白いので、是非見てみてください!

http://gifuu.jp/

かぶき者の衣装やファッション、髪型ってどんな感じだったのでしょう。

かぶき者(傾奇者、歌舞伎者とも書かれる)は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけての社会風潮のことです。特に慶長から寛永年間(1596年~1643年)にかけて、江戸や京都などの都市部で流行しました。かぶき者は異風を好み、派手な身なりをして、常識を逸脱した行動に走っていました。
かぶき者になるのは、若党、中間、小者といった武家奉公人が多かったようです。
彼らは武士身分ではなく、武家に雇われて、槍持ち、草履取りなどの雑用をこなす者たちで、その生活は貧しく不安定だったのです。
多くは合戦の際には足軽や人足として働きながら、機をみて略奪行為に励み、自由で暴力的な生活を謳歌していました。
戦乱の時代が終わるとともに徐々にその居場所を狭められていったため、時代の移り変わりがもたらす閉塞感が、彼らを反社会的で刹那的な生き方に駆り立てたという側面があったようです。
・かぶき者はどんなファッション?
ひげを生やし、着物の襟はビロードにして、裾を高くまくりあげていました。牛首皮の帷子(かたびら)や熊の皮でつくった長羽織をまとうなど、奇抜な衣装だったようです。それをかぶきたるさまというそうな。KANSAI YAMAMOTOなどは現代のかぶき者と呼ばれていたりするそうです。
・かぶき者はどんな髪型?
髪型についてはあまり情報がなかったのですが、漫画「花の慶次」では、慶次はちょんまげをずらして秀吉にそっぽ向いて頭を下げるシーンがあります。髪型もかぶき者にとっては重要な部分だったと思われます。
花の慶次ででてくる、直江兼続もかぶき者として有名だったようです。
そのさまは「義風堂々!!」という漫画で見ることだ出来ますよ!

かぶき者の前田慶次の名言をまとめてみました。

NHKドラマで「かぶき者慶次」やっていますね!
「かぶき者」と言うのは普通を嫌い、派手な衣装で振る舞う人々のことです。
戦国時代の終わりから江戸時代の初期にかけて流行った社会現象なんですね。

前田慶次が描かれている「花の慶次」という漫画では数々の名言を残しています。
そのうちいくつかを紹介します。

「松風よ 売られたケンカを買うってのは遊びだ!! 遊びってのは派手でなきゃつまんないよな」

松風というのは、人ではなく馬です。しかも人を軽く踏み殺せる巨躯の馬で、慶次の愛馬です。松風は乗り手を選び、基本的には慶次以外は載せません。また、人間の言葉も理解しています。ちなみに松風とは、かぶき者が獣に与える称号らしいです。

「だが、それがいい」

家宝の甲冑を壊してしまったことで切腹を命じられた老臣の顔を「戦場で傷だらけになったきたねえツラだ」と言ってのけ、一同がいきり立つところで、すかさず「だが、それがいい」と慶次は言い放ちました。慶次は家臣こそが身体を張って主君を守る甲冑だと説き、老臣は許されるのです。慶次の懐の深さを感じるフレーズで、いたるところで引用されていますね!

「俺は一度信じた男は斬らぬ 疑って安全を保つより信じて裏切られた方が良い」

慶次の命を狙いながらも慶次の生き様に惚れている「骨」という忍びが、慶次と晩酌を交わす。忍びは普段は素性を隠して、多くを語らないが、慶次には自分の生い立ちを話します。
じつは慶次を暗殺するために酒に毒を持っていたのだが、慶次は「骨」のやったことに気づき、切り捨てられる間合いにいたが、それをしなかった。もうろうとする慶次に対して、「骨」は「私をお切りになりますか?」と聞いた時に放った言葉です。
慶次の義理深さ、潔さを感じるフレーズです。現代では同じようなシチュエーションになることはまずないと思いますが、ぜひ使ってみたいフレーズです笑。

慶次のように振る舞うことは到底できませんが、心構えは勉強になります!

花の慶次のスピンアウト作品の「義風堂々!!」という作品も出ています。この作品は慶次の盟友である直江兼続のことを慶次が過去を振り返りながら語る、というものですが、マンガやアニメ、ラジオドラマなどが盛り上がっており、お勧めです!

義風堂々!!のサイトはこちら

NHKドラマ「かぶき者 慶次」を調べてみました!

今回はNHK「かぶき者 慶次」のドラマについて色々調べてみましたので、ご報告します。
・ドラマの原作について
実はNHKドラマの「かぶき者 慶次」には原作はなく、オリジナルの作品なのだそうです。NHK大河ドラマ「天地人」でのコンビである、小松江里子氏が脚本、火坂雅志氏原案を担当しています。火坂氏は米沢に何度も訪れて、慶次について調査もされていますので、ドラマ内でも深く慶次を描いているに違いありません。
・ドラマの舞台について
慶次は晩年は米沢に隠居していたので、米沢が舞台となります。
6月には前田慶次の供養祭があるので、興味がある方はぜひ行ってみると良いと思います。
ドラマを見て興味をもった方がたくさん行きそうですね!
・かぶき者とは
かぶき者とは戦国時代末期から江戸時代初期にかけて流行った社会現象のことです。
とにかく人と違うことを好み、格好だけでなく、言動や考え方も独特の美学を持っているのがかぶき者です。鮮やかな女物のマントを羽織ったり、袴に動物皮をつぎはうなど常識を無視して非常に派手な服装を好んだり、仲間同士の結束と信義を重んじ、命を惜しまない気概と生き方の美学を持っていたことでも知られてい ます。前田慶次だけでなく、あの織田信長もかぶき者出会ったと言われています。
・前田慶次の漫画について
前田慶次の漫画は「花の慶次」という作品が非常に有名です。週刊少年ジャンプで連載されていました。北斗の拳で有名な原哲夫氏の迫力ある描写と、優しさと漢気にあふれた前田慶次自身とそれを取り巻く多彩な登場人物との人間ドラマが魅力の漫画です。NHKドラマの「かぶき者 慶次」は慶次の晩年の話ですが、「花の慶次」は慶次の若かりし時の話です。こちらもとても面白いですよ!ドラマを見ながらでも、ドラマが終わったあとでも、ぜひ読んでみることをおすすめします。
・花の慶次スピンオフ作品「義風堂々!!」について
NHKドラマ「かぶき者 慶次」と漫画の「花の慶次」では前田慶次が主役として活躍していましたが、漫画「義風堂々!!」では前田慶次の盟友である、直江兼続の半生が描かれています。直江兼続なしに前田慶次は語れません。慶次にとって、それぐらいの存在なのが直江兼続です。最近ではアニメ、ラジオドラマなどが盛り上がっており、今後注目の作品です。

かぶき者のマンガといえば、「花の慶次」!

かぶき者といえば前田慶次で、前田慶次の漫画といえば「花の慶次」でしょう。
かつては週刊少年ジャンプで連載されていた「北斗の拳」で有名の原哲夫さん原作の漫画です。

花の慶次は隆慶一郎の「一夢庵風流記」を原作として作られ、慶次もマンガ内では
かぶき者として描かれています。
花の慶次の続編として「義風堂々!!」という漫画があります。
そこでは前田慶次が語るという形で直江兼続が主役として描かれています。

慶次はドラマにもなっています。晩年の慶次が描かれていますね。

しかし、「かぶき者慶次」の原作が「花の慶次」と関係するかというと
実は時期が大きく異なり、全然関係がありません。

というのは花の慶次で登場する前田慶次は30代~40代くらいの頃ですが、
かぶき者慶次は晩年ということですからそれからさらに先の話となります。

もちろん、「花の慶次」の若い頃ほどの派手さはなく、ひっそりと暮らしているようですが、そこは前田慶次、若いころと同じように傾いて見せます。

花の慶次の続編、義風堂々はこちらから