かぶき者×又佐×五大老といえば

かぶき者×又佐×五大老といえば前田利家のことですね。

織田信長に小姓として仕えていて、若い頃の利家は、短気で喧嘩早く、派手な格好をしたかぶき者だったようです。若い時には血気盛んで、槍による功績を多く上げていたことと、「又左衛門」という名から「槍の又左」と呼ばれていました。信長の死後、賤ヶ岳の戦いを経て豊臣秀吉の重臣となった利家は、豊臣政権下の有力大名である「五大老」にも名を連ねています。

前田利家は、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康に比べるとマイナーな印象でずっと脇役扱いでしたが、NHKの大河ドラマ「利家とまつ」(平成14年)の放送で、ようやく脚光を浴びて知られ始めたという印象です。

大河ドラマでは、若いころは武断な傾奇者で、「犬」や「又左」と呼ばれ、一度は出仕を停止されながらも、織田信長を生涯の主と仰ぎ北陸などで転戦をし、 次いで長年の親友でもあった秀吉にも仕え「断金の交わり」と評されるほどの信頼関係を築いたが朝鮮出兵には断固反対する、秀吉死後家康の簒奪を防げず病死する様子が描かれています。
漫画「花の慶次」にも前田利家は出てきます。
かつては「槍の又左」と称されるほどの猛将ながらも、プライドばかり高くて、周囲を気にする小心者で、慶次と対比して器量の小さい人物として描かれ、史実の前田利家よりかなり貶められています。史実ともそうですが、大河ドラマとのギャップがものすごく、逆に面白かったりします。
また、花の慶次の続編である「義風堂々!!直江兼続 -前田慶次酒語り-」という漫画作品も発表されており、今盛り上がっています。アニメやラジオドラマやSNSで盛り上がっています。

義風堂々公式サイトとはここからどうぞ