かぶき者の衣装やファッション、髪型ってどんな感じだったのでしょう。

かぶき者(傾奇者、歌舞伎者とも書かれる)は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけての社会風潮のことです。特に慶長から寛永年間(1596年~1643年)にかけて、江戸や京都などの都市部で流行しました。かぶき者は異風を好み、派手な身なりをして、常識を逸脱した行動に走っていました。
かぶき者になるのは、若党、中間、小者といった武家奉公人が多かったようです。
彼らは武士身分ではなく、武家に雇われて、槍持ち、草履取りなどの雑用をこなす者たちで、その生活は貧しく不安定だったのです。
多くは合戦の際には足軽や人足として働きながら、機をみて略奪行為に励み、自由で暴力的な生活を謳歌していました。
戦乱の時代が終わるとともに徐々にその居場所を狭められていったため、時代の移り変わりがもたらす閉塞感が、彼らを反社会的で刹那的な生き方に駆り立てたという側面があったようです。
・かぶき者はどんなファッション?
ひげを生やし、着物の襟はビロードにして、裾を高くまくりあげていました。牛首皮の帷子(かたびら)や熊の皮でつくった長羽織をまとうなど、奇抜な衣装だったようです。それをかぶきたるさまというそうな。KANSAI YAMAMOTOなどは現代のかぶき者と呼ばれていたりするそうです。
・かぶき者はどんな髪型?
髪型についてはあまり情報がなかったのですが、漫画「花の慶次」では、慶次はちょんまげをずらして秀吉にそっぽ向いて頭を下げるシーンがあります。髪型もかぶき者にとっては重要な部分だったと思われます。
花の慶次ででてくる、直江兼続もかぶき者として有名だったようです。
そのさまは「義風堂々!!」という漫画で見ることだ出来ますよ!

かぶき者の前田慶次の名言をまとめてみました。

NHKドラマで「かぶき者慶次」やっていますね!
「かぶき者」と言うのは普通を嫌い、派手な衣装で振る舞う人々のことです。
戦国時代の終わりから江戸時代の初期にかけて流行った社会現象なんですね。

前田慶次が描かれている「花の慶次」という漫画では数々の名言を残しています。
そのうちいくつかを紹介します。

「松風よ 売られたケンカを買うってのは遊びだ!! 遊びってのは派手でなきゃつまんないよな」

松風というのは、人ではなく馬です。しかも人を軽く踏み殺せる巨躯の馬で、慶次の愛馬です。松風は乗り手を選び、基本的には慶次以外は載せません。また、人間の言葉も理解しています。ちなみに松風とは、かぶき者が獣に与える称号らしいです。

「だが、それがいい」

家宝の甲冑を壊してしまったことで切腹を命じられた老臣の顔を「戦場で傷だらけになったきたねえツラだ」と言ってのけ、一同がいきり立つところで、すかさず「だが、それがいい」と慶次は言い放ちました。慶次は家臣こそが身体を張って主君を守る甲冑だと説き、老臣は許されるのです。慶次の懐の深さを感じるフレーズで、いたるところで引用されていますね!

「俺は一度信じた男は斬らぬ 疑って安全を保つより信じて裏切られた方が良い」

慶次の命を狙いながらも慶次の生き様に惚れている「骨」という忍びが、慶次と晩酌を交わす。忍びは普段は素性を隠して、多くを語らないが、慶次には自分の生い立ちを話します。
じつは慶次を暗殺するために酒に毒を持っていたのだが、慶次は「骨」のやったことに気づき、切り捨てられる間合いにいたが、それをしなかった。もうろうとする慶次に対して、「骨」は「私をお切りになりますか?」と聞いた時に放った言葉です。
慶次の義理深さ、潔さを感じるフレーズです。現代では同じようなシチュエーションになることはまずないと思いますが、ぜひ使ってみたいフレーズです笑。

慶次のように振る舞うことは到底できませんが、心構えは勉強になります!

花の慶次のスピンアウト作品の「義風堂々!!」という作品も出ています。この作品は慶次の盟友である直江兼続のことを慶次が過去を振り返りながら語る、というものですが、マンガやアニメ、ラジオドラマなどが盛り上がっており、お勧めです!

義風堂々!!のサイトはこちら

NHKドラマ「かぶき者 慶次」を調べてみました!

今回はNHK「かぶき者 慶次」のドラマについて色々調べてみましたので、ご報告します。
・ドラマの原作について
実はNHKドラマの「かぶき者 慶次」には原作はなく、オリジナルの作品なのだそうです。NHK大河ドラマ「天地人」でのコンビである、小松江里子氏が脚本、火坂雅志氏原案を担当しています。火坂氏は米沢に何度も訪れて、慶次について調査もされていますので、ドラマ内でも深く慶次を描いているに違いありません。
・ドラマの舞台について
慶次は晩年は米沢に隠居していたので、米沢が舞台となります。
6月には前田慶次の供養祭があるので、興味がある方はぜひ行ってみると良いと思います。
ドラマを見て興味をもった方がたくさん行きそうですね!
・かぶき者とは
かぶき者とは戦国時代末期から江戸時代初期にかけて流行った社会現象のことです。
とにかく人と違うことを好み、格好だけでなく、言動や考え方も独特の美学を持っているのがかぶき者です。鮮やかな女物のマントを羽織ったり、袴に動物皮をつぎはうなど常識を無視して非常に派手な服装を好んだり、仲間同士の結束と信義を重んじ、命を惜しまない気概と生き方の美学を持っていたことでも知られてい ます。前田慶次だけでなく、あの織田信長もかぶき者出会ったと言われています。
・前田慶次の漫画について
前田慶次の漫画は「花の慶次」という作品が非常に有名です。週刊少年ジャンプで連載されていました。北斗の拳で有名な原哲夫氏の迫力ある描写と、優しさと漢気にあふれた前田慶次自身とそれを取り巻く多彩な登場人物との人間ドラマが魅力の漫画です。NHKドラマの「かぶき者 慶次」は慶次の晩年の話ですが、「花の慶次」は慶次の若かりし時の話です。こちらもとても面白いですよ!ドラマを見ながらでも、ドラマが終わったあとでも、ぜひ読んでみることをおすすめします。
・花の慶次スピンオフ作品「義風堂々!!」について
NHKドラマ「かぶき者 慶次」と漫画の「花の慶次」では前田慶次が主役として活躍していましたが、漫画「義風堂々!!」では前田慶次の盟友である、直江兼続の半生が描かれています。直江兼続なしに前田慶次は語れません。慶次にとって、それぐらいの存在なのが直江兼続です。最近ではアニメ、ラジオドラマなどが盛り上がっており、今後注目の作品です。

かぶき者のマンガといえば、「花の慶次」!

かぶき者といえば前田慶次で、前田慶次の漫画といえば「花の慶次」でしょう。
かつては週刊少年ジャンプで連載されていた「北斗の拳」で有名の原哲夫さん原作の漫画です。

花の慶次は隆慶一郎の「一夢庵風流記」を原作として作られ、慶次もマンガ内では
かぶき者として描かれています。
花の慶次の続編として「義風堂々!!」という漫画があります。
そこでは前田慶次が語るという形で直江兼続が主役として描かれています。

慶次はドラマにもなっています。晩年の慶次が描かれていますね。

しかし、「かぶき者慶次」の原作が「花の慶次」と関係するかというと
実は時期が大きく異なり、全然関係がありません。

というのは花の慶次で登場する前田慶次は30代~40代くらいの頃ですが、
かぶき者慶次は晩年ということですからそれからさらに先の話となります。

もちろん、「花の慶次」の若い頃ほどの派手さはなく、ひっそりと暮らしているようですが、そこは前田慶次、若いころと同じように傾いて見せます。

花の慶次の続編、義風堂々はこちらから

かぶき者×又佐×五大老といえば

かぶき者×又佐×五大老といえば前田利家のことですね。

織田信長に小姓として仕えていて、若い頃の利家は、短気で喧嘩早く、派手な格好をしたかぶき者だったようです。若い時には血気盛んで、槍による功績を多く上げていたことと、「又左衛門」という名から「槍の又左」と呼ばれていました。信長の死後、賤ヶ岳の戦いを経て豊臣秀吉の重臣となった利家は、豊臣政権下の有力大名である「五大老」にも名を連ねています。

前田利家は、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康に比べるとマイナーな印象でずっと脇役扱いでしたが、NHKの大河ドラマ「利家とまつ」(平成14年)の放送で、ようやく脚光を浴びて知られ始めたという印象です。

大河ドラマでは、若いころは武断な傾奇者で、「犬」や「又左」と呼ばれ、一度は出仕を停止されながらも、織田信長を生涯の主と仰ぎ北陸などで転戦をし、 次いで長年の親友でもあった秀吉にも仕え「断金の交わり」と評されるほどの信頼関係を築いたが朝鮮出兵には断固反対する、秀吉死後家康の簒奪を防げず病死する様子が描かれています。
漫画「花の慶次」にも前田利家は出てきます。
かつては「槍の又左」と称されるほどの猛将ながらも、プライドばかり高くて、周囲を気にする小心者で、慶次と対比して器量の小さい人物として描かれ、史実の前田利家よりかなり貶められています。史実ともそうですが、大河ドラマとのギャップがものすごく、逆に面白かったりします。
また、花の慶次の続編である「義風堂々!!直江兼続 -前田慶次酒語り-」という漫画作品も発表されており、今盛り上がっています。アニメやラジオドラマやSNSで盛り上がっています。

義風堂々公式サイトとはここからどうぞ

ドラマでやっているかぶき者の起源とは?

NHKの木曜ドラマでかぶき者慶次ってやってますよね。
そもそも「かぶき者」の起源って何かご存知ですか?

かぶき者は「傾奇者」や「歌舞伎者」とも表記されますが、
戦国時代末期から江戸時代初期にかけて江戸や京都などの都市部で流行した社会風潮のことを指します。異風を好んで、派手な身なりをして、常識からはずれた行動をする者たちの総称でもあります。

当時の男性はとても地味な色合いのの着物を着るのが普通でした。
一方かぶき者は色が鮮やかな女物の着物をマントのようにして羽織ったりするなどして派手な格好を好みました。

そして現代に伝わる「歌舞伎」はこの「かぶき者」が起源だといわれています。
かぶき者たちが作り上げた「かぶき踊り」が歌舞伎の元祖です。
戦国時代のかぶき者で有名なのは織田信長、前田慶次などが挙げられます。

織田信長は相当な変わり者でかぶき者の走りであったと伝えられています。
武将としては有名で天下統一を目前にして重臣明智光秀が謀反を起こし、本能寺で自害を迫られたエピソードなども有名ですが、実は織田信長もかぶき者だったのです。
傍若無人な振る舞いで人々からは「大たわけ」「うつけ」と呼ばれ、18歳の時には父の葬儀にも傾いた服装で現れ、抹香を仏前へ投げつけるという、奇行をを行ったとされています。

前田慶次は豊臣秀吉に“傾奇御免状”を与えられた人物。

足を投げ出していた店の店長の足を言い値で買って足を叩き切ろうとした。など、意味の分からない傾いた話が多いですが、伝説的な武将であることもまた有名です。

前田慶次に関してはNHKドラマ「かぶき者 慶次」が放映されており、
かぶき者として名を馳せた前田慶次の晩年が描かれています。

また、漫画もあります。
北斗の拳を描いた原哲夫が前田慶次の生涯を描いた「花の慶次」という作品を出しています。
また、前田慶次を語るうえで絶対にはずせないのが、直江兼続の存在です。
この直江兼続の知られざる半生を描いた漫画が「義風堂々!!」です。

義風堂々の公式サイトはこちらからどうぞ