かぶき者の衣装やファッション、髪型ってどんな感じだったのでしょう。

LINEで送る
Pocket


かぶき者(傾奇者、歌舞伎者とも書かれる)は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけての社会風潮のことです。特に慶長から寛永年間(1596年~1643年)にかけて、江戸や京都などの都市部で流行しました。かぶき者は異風を好み、派手な身なりをして、常識を逸脱した行動に走っていました。
かぶき者になるのは、若党、中間、小者といった武家奉公人が多かったようです。
彼らは武士身分ではなく、武家に雇われて、槍持ち、草履取りなどの雑用をこなす者たちで、その生活は貧しく不安定だったのです。
多くは合戦の際には足軽や人足として働きながら、機をみて略奪行為に励み、自由で暴力的な生活を謳歌していました。
戦乱の時代が終わるとともに徐々にその居場所を狭められていったため、時代の移り変わりがもたらす閉塞感が、彼らを反社会的で刹那的な生き方に駆り立てたという側面があったようです。
・かぶき者はどんなファッション?
ひげを生やし、着物の襟はビロードにして、裾を高くまくりあげていました。牛首皮の帷子(かたびら)や熊の皮でつくった長羽織をまとうなど、奇抜な衣装だったようです。それをかぶきたるさまというそうな。KANSAI YAMAMOTOなどは現代のかぶき者と呼ばれていたりするそうです。
・かぶき者はどんな髪型?
髪型についてはあまり情報がなかったのですが、漫画「花の慶次」では、慶次はちょんまげをずらして秀吉にそっぽ向いて頭を下げるシーンがあります。髪型もかぶき者にとっては重要な部分だったと思われます。
花の慶次ででてくる、直江兼続もかぶき者として有名だったようです。
そのさまは「義風堂々!!」という漫画で見ることだ出来ますよ!

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)